植栽

日曜日に建築主夫妻と稲沢まで植木を見に行きました。
以前見に行った庭木屋さんです。
中庭にあうもみじがなかなかないので、以前見たもみじを5年くらいかけて形を作って行くことになりました。
むずかしいもんですね。
その他にいろいろな植木を見せてもらいました。
今日はその中で4種類お見せします。

Photo_5

まずは大名竹(ダイミョウチク)

あまり背丈は大きくなりません。

隣地との目隠しに使います。

Photo_6

次はお多福南天(オタフクナンテン)
普通の南天にくらべると葉っぱが柔らかくてかわいいです。

普段は緑色をしていますが冬になると赤くなるそうです。

今回の掘り出し物。植え込みに使います。

Photo_9

次は富貴草(ユッキソウ)
グランドカバーに使います。
白い小さな花が咲いてきれいです。

Photo_10

最後は蝋梅(ロウバイ)
小さな黄色い花が咲いてきれいです。
冬に咲く花は少ないので印象的です。
それにちょっと甘いにおいがして、とてもいい香りです。

いろいろ見てくると目移りがしてどれも植えてみたくなります。いいですね植物は。
太古の昔、私たちの祖先が海に住んでいた頃からのおつきあいなので当然と言えば当然なんですけど。

でも近頃の人間様はこのことを忘れて他の生物を大事にしなくなりました。

「地球温暖化対策としてもっと植物を植えよう!」

そんな話を帰りの車で造園屋さんと話していました。

広告

植栽」への2件のフィードバック

  1. <家庭>と言うくらいで、家と庭はセットですね。
    おたふく南天、我家にもあり。
    写真が綺麗。植物は本当に大切です。色々な意味で・・・

  2. いつも現場で思うことは建築が出来上がって、いざ庭の工事がはじまると、とたんに建物が生き生きしてきます。
    本当に植物の力は偉大だと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中