まだまだ

今回のtu-fuはどうもしぶとい。
休みの間にある程度回復すると思っていたのに・・・
今日は定例会議があったので、現場で監督や職人さんに気づかれないようにそろそろと。
でもいつもと歩き方が違うので「またか」と腹の中で思っていたんでしょうね。誰も気に留めてくれませんでした。
それはともかく、現場ではボードが貼られています。なんだか出来上がったように見えますが、これがまた、まだまだなんだよね・・・

05221

05222

広告

風邪

月曜日頃から喉が痛くなって少し寒気がしていましたが、とうとう風邪を引いてしまいました。熱はあまりないのですが咳が・・・
おまけに今日はtu-fuの症状が・・・
痛い週末になりそうです。

0001_1

ちなみに先日食べれなかった落合さんのレストランです。
イタリアンの夢でもみながら寝るとしますか・・・

親ビン登場!

なかなか進まなかった現場もいよいよ最終コーナーにかかってきました。
サッシ廻りの納まりがかなり難しかったので大工さんは大変でしたが、それも峠をこえていよいよラストスパート!
「親ビン」こと親父さんが助っ人でお出ましになりました。これで一安心。
休憩の時、親ビンが田舎でこっそり隠居小屋を建てているとのこと。かなりワイルド&ナチュラルな生活を考えているようです。「ひと月2万円もあれば生活出来るかも」と魅力的なお言葉!
でもお金を稼がなくちゃならないから、なかなかできないと嘆いていました。もう1年あまりほかってあるそうです。
自然派の親ビンは山に籠りたいんだ。わかる気がします。

0001

0002

Time is Life

今日は美濃市にある岐阜県立森林アカデミーで短期技術研修に参加してきました。
講義のタイトルは「わが国の木造建築の過去、現在、未来」でした。講師は名古屋大学名誉教授の平嶋義彦さん。久しぶりの講義とあって新鮮でした。
いま木造建築は徐々に見直されつつあります。環境意識の高まりもあり、木造建築の魅力が理解されてきました。でも、木造建築の未来はそんなに明るいものではありません。
山の荒廃。後継者不在。技術をもった職人さんの不足など。問題をあげればきりがありません。これは戦後の政策が今の状況を生み出してしまいました。経済性と効率性ばかりが優先された社会では、建築現場においてさえ「こつこつ丁寧に」なんて時代ではなくなってしまいました。それでは本当に良い建築はできません。
建築は確かに経済の一画を担っているかもしれませんが、そこに重きを置きすぎると大量生産、大量消費の考え方にもどってしまいます。
もう一度、建築の意味を考え直して、良い建築、美しい街並を創って行くにはどうしたらいいのか、個人それぞれが考える時が来ているようです。
私が思っているのは「Time is Money」から「Time is Life」への変換がキーワードのように思います。
さて皆さんはどう思いますか?

ダリと若冲

今日はイタリアンの落合さんのレストランでランチを食べようと朝早く出かけましたが、残念ながら満員でした。到着したのは午前10時半前。聞けば朝8時頃から10時の予約受付を待っているとのこと。さすが落合さん。今度は本腰を入れてディナーに挑戦したいと思います。
本命をはずして行った先が、名古屋市美術館のダリ展。まとまったダリの作品を見て本当に良かったと思いました。特に印象に残ったんは細部の書き込みとジャンルを越えた表現の幅でした。天才という言葉に頼ってはいけないけれど本当におもしろいと思いました。
次に向ったのが愛知県美術館の「若冲と江戸絵画」展。
驚いたのは若冲のモザイク画。こんなモダンな表現を江戸時代に描いているとは驚きでした。当時の風呂屋にモザイクの富士山でも掛かってたんですかね?
とにかく驚きました。その他の江戸時代の作品も今見ると現代的でおもしろかった。いい企画展でした。
帰りは伏見の大甚本店という居酒屋で一杯。この店がまた実にいい雰囲気の居酒屋。小鉢の料理も安くておいしいし、お店のサービスも気持がよかった。聞けばもうじき100周年とのこと。恐れ入りました。
今日は出だしは今一歩でしたが、美術館を巡ってからはいい時間を過ごせました。
皆さんも、ぜひ名古屋に行って楽しい時間を味わって来て下さい。
そして、岐阜にも良い企画展と味わいのあるお店ができるように応援して行きましょう!

大垣祭り

昨日は大垣祭りに行ってきました。2年続けて行くことができましたが、今年も大勢の人がおしかけていました。また、山車の多さも魅力的ですが、露天商の多さにも驚きます。子供連れだとなかなか前には進ませてもらえないように思います。
今年は山車の帰る姿を一度に3車見ることができました。道幅が狭いので片側通行状態。遠くからゆっくりと来る山車はきれいでした。
こうした行事で思うことは、参加している人達のつながりです。
本当に大切なことを大事にしていると気づかされます。

1_9

2_8

3_8