藤森建築巡礼

昨日、静岡県にあるねむの木こども美術館と秋野不矩美術館へ行きました。相変わらずの暑さで少々バテ気味ですが、久しぶりの巡礼の旅とあって気分も上々。まずは掛川市にあるねむの木子ども美術館へ。
里山を少し奥へと入り込んだ、ねむの木むらの一画にありました。まわりはきれいに整備されていて、不思議なかたちの屋根が印象的です。波を打ったような屋根は、銅板をくちゃくちゃに折り曲げてはられています。そして、長い屋根の上には芝生が生えています。ユニークな建物です。

0001_2

0001_2_1

つぎに天竜市(現在は浜松市)にある秋野不矩美術館へ向いました。ねむの木からは下道で40分弱のところです。以前見たことがありますが、せっかくなのでと足を伸ばしましたが、残念ながら臨時休業でした。以前と比べると外観はかなり時代を帯びて来ましたが、どちらかというと秋野不矩美術館の方が野生があって好きです。とくに1階の第2常設展示室は秋野さんの絵と一体になれる空間だと思います。また機会を改めて訪れたいと思います。

0001_3

0001_2_2

0001_3_1

ちなみに昨年、藤森さんの生まれ故郷にある建築を見てきました。長野県茅野市にある神長官守矢資料館とそのすぐ裏山にあるお茶室高過庵です。どちらも昔からそこにあったような懐かしい建築です。諏訪湖の近くに行かれたらぜひ立ち寄ってみて下さい。

0001_4

0001_5

完成引き渡し

今日も猛暑となりました。連日の暑さで大変な中、このブログで紹介していた住宅の完成引き渡しがありました。とはいえ、まだ工事が残っているのですが、今日が引っ越しだったので同じ日に行うこととなりました。暑い中、大勢の引っ越し屋さんが勢い良く荷物を運び込んでいる中で、時期を見計らって設備機器等の使用説明。話はとぎれとぎれで説明が続きましたが、はたしてどこまで覚えているでしょうか。夕方、あわただしい時間が過ぎて、しばし呆然としたような雰囲気が漂っていました。Yさん、本当にお疲れさまでした。
先週の日曜日、内々のオープンハウスを行いました。お盆前でなかなか時間が取れない中、多くの方々に来ていただき感謝します。都合でこられなかった方、お知らせできなかった方、そしてこのブログを見ていただいている方々に少しだけお披露目させていただきます。

Sg0001

南側外観 ちょっとカーブミラーが邪魔してます。

Sg0001_2

東側外観 この暑さでまだ垣根ができないので、こちら側は未完成。

Sg0001_3

玄関 坪庭が見れるようになっています。

Sg0001_4

LDK 大きな一室空間としました。2階のファミリールームともつながっています。

Sg0001_5

LDK 2階ファミリールームからの見下ろし。

Sg0001_6

ファミリールーム テーブルを置いて家族が自由に使える場所になります

Sg0001_7

和室 庭ができるといい景色になると思います。

Sg0001_8

寝室 将来は子供室に変わる予定。

Sg0001_10

エッチンググラス ちょっと見えにくいかもしれませんが四季をテーマにデザインされています。奥さんのお友達によるデザインです。

クライアントのYさん家族には、本当に長い間お待たせして申し訳ありませんでした。そんな中、今日まで温かい目で見守っていただき、気持よく仕事をさせていただいたことに、心より感謝申し上げます。どうも有り難うございました。

最終コーナー!

やっと梅雨が終わったと思っていたら、もう8月になっていました。今年の梅雨は長かった。その影響でなかなか外壁の仕上ができず、とうとう夏真っ盛り。足場がはずれて照れくさそうな表情が伺えます。
思い起こせば去年の暮れに棟上げでした。あれからかれこれ8ヶ月あまり。クライアントには本当にご迷惑をおかけしています。
内部はほぼ完成しています。あとは外回り。ただ、この暑さのため垣根は入居されるまで、しばしお預けとなりそうです。

1_14

2_13

3_12

4_10