懐かしい出会い

今日も一日いい天気でした。
午後からの打ち合わせも終わって、なんとなく外へ出かけたくなり、代車で借りているボルボ240ステーションワゴンに乗って金華山麓のギャラリーなうふへ。
私の好きな作家で「長澤 和仁展」が10月13日から11月11日まで開催されています。
長澤さんの作品は、過去にどこかで見かけたような懐かしい香りのする作品です。
おそらく今生で生をうけてから現在にいたるまでに出会ったものではなく、遠い過去の遺伝子の中に組み込まれた記憶の彼方にその香りを感じているように思います。
何とも心地よく懐かしく。
そんな出会いがあるから現代美術はおもしろい!
01
02
03
04

らすとらん

ここしばらく秋らしい天気に恵まれています。夏の暑さが嘘のように思え、かえって懐かしくも思えます。
今日は愛車のプジョー君とお別れしました。ネットで見つけた中古車でしたがピニンファリーナ監修のデザインが気にいって4年間乗りました。思えばいろいろとトラブルはありましたが、でも乗っていて楽しい車でした。
朝、車を整理していて積んであった荷物をすべておろしましたが、じつにいろんな物を積んで走っていたことに気づかされました。さぞかし重たかったことだろうと今更ながら感謝感謝。
ふと車検証がしまってあるグローブボックスのことを思い出しました。いつ頃だったか忘れてしまいましたが、鍵を閉めて以来まったく開けることができませんでした。どうしようかとためらいながらも取手を引いてみると、じつにあっけなく開けることができました。どうやら今日のこの日を知っていたのかもしれません。
晴れ渡った青い空と清々しい空気につつまれながら、最後のドライブを楽しませてくれました。
事務所に戻って空を見上げると夕焼け雲がぽっかりきれいに浮かんでいました。

4051

4052

0001