酒蔵見学

このところ寒い日が続いていますが、寒さにめげない為にも昨日酒蔵見学へ参加しました。
訪ねたのは各務原市蘇原伊吹町にある小町酒造さんです。
創業が明治27年、清流長良川の伏流水と地元岐阜県産米を中心とした、こだわりの地酒を造られています。
「長良川」というお酒が有名で、酒樽が置かれた蔵で音楽を聴かせる蔵元の元祖の蔵元さんです。
まず、にこやかな笑顔が印象的な若旦那さんから、酒造りの行程をお聞きしていざ酒蔵へ。大きな酒樽がいくつも並ぶ中で、造りたての樽としぼる寸前の樽などを見せていただきました。また見たこともない機械がたくさん並んでいて、いろいろと説明を受けましたが、中でも昔から使われている大きな釜と涼やかな水音を響かせる井戸水が印象的でした。
そして、いよいよ待ちに待った試飲会。蔵の前に用意された樽のふたを使った大テーブルにすわり、まずさわやかな飲み心地の濁り酒から始まり、さきほどの造りたての酒としぼる寸前の酒の飲み比べ。そして、日本一の辛口の燗酒と純米吟譲、大吟醸へと。
蔵の手作りのめずらしい肴や粕汁などをいただきながら、時間の経つのも忘れて飲ませていただきました。そして、いつしか寒さも忘れ、ほろ酔い加減で蔵をあとにしました。
地元にこだわりながら、手作りと本物の酒をコツコツたんたんと造られている姿を見て、ものづくりの原点を教えていただきました。今、日本が本当に大切にしなければならないことが、この蔵元さんには息づいています。
これからもおいしいお酒を造ってくださいね。
応援します!!
1_2
2
3
4
5
6

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中