平和に生きる

きのうは雲一つない、よい天気に恵まれました。街路樹のハナミズキが満開です。まるで雪でも積もっているように見えます。平和な一日でした。
先週、各務原市で講演会がありました。「井戸を掘る医者」で有名な中村哲さんです。テレビでは拝見していましたが、まじかで話しが聞けるとあって、友人と待ち合わせて駆けつけました。
講演会が始まるまでの間、会場では中村さんの活動が映像で流されていました。現地のアフガニスタンで民衆と共に水路を造っている光景がありました。
私が初めて中村さんを知ったのは、アメリカがアフガニスタンに侵攻した後、テレビに出て現地の状況を話されている時だったと思います。9・11以来、テレビはアフガニスタンの状況とテロリストの動向を毎日流しているそんな頃だったと思います。
その後、ふたたび中村さんを見たのはNHKの番組で灌漑用水を現地の人と造っている中村さんの姿でした。「この人はいったいどうしてそんなことまでするんだろうか・・」と不思議に思ったことを記憶しています。
講演会が始まり、中村さんがアフガニスタンに赴いた経緯や、その後医療行為だけではとても救いきれない命の問題として、水の確保が急務だったために、アフガニスタン各地で井戸を掘る事業を始めたこと。そして、現在食料を確保するために砂漠化した土地に水を供給するための灌漑事業を進めていることと、自給自足ができるための農業事業を展開していることなどが報告されました。
中村さんの話を聞き終わって感じたことは、「いったい何がこの人を突き動かし、どうしてそこまで自分を投げ出すんだろうか」と思いました。でもそれを思った時に「いったい自分は何をしているんだろうか」と自分へ問いかけました。
いまその問いに対して、少しだけわかったことことがあります。それは、中村さんが自分の良心にまっすぐ生きている人なんだということを。
平和の中に生きている日本人が本当に知らなくてはいけないことを、中村さんは自分の身を投げ出して教えてくれているんだと。
青空を見上げると今日も雲はゆっくりと流れてゆきます。
のどかな春を楽しむように。

1

2

3

4

広告

平和に生きる」への2件のフィードバック

  1. お初のコメントです。
    私も中村さんの話を聴きに行きました。
    会場はいっぱいでしたね。
    話をうかがううちに、「彼の中にキリストがいる。」と感じました。
    やはりというか、質疑応答の中でご自身が信仰をお持ちであることに少し触れられましたね。
    彼の話を聴いて、昔の日本人の智慧は素晴らしかったんだなぁと思いました。
    日本政府が行っているODAも中村さんのような働きを見習ったほうが良さそうですね。

  2. ゆりかごさんへ。
    コメント有り難うございます。やはり参加されてたんですね。ご苦労様でした。
    でも会場には、ほんとにたくさんの人が入っていましたね。友人が「各務原であるイベントは本当に人が入る」と言ってましたが実際驚きました。各務原人たちは意識が高いんでしょうね。
    中村さんの原動力は確かに信仰の力もあると思いますね。だから行動に信念を感じました。また生命への敬意が人としてのあるべき姿を自然に行っているようにも感じました。当たり前のことをただ当たり前に行動しているだけ。
    それと灌漑事業での昔の日本の知恵には驚きましたね。長い時間をかけて蓄積された知恵が見事に生かされていましたね。
    日本人としてもっと足下を見ないといけないと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中