垂井の家 経過報告

今日は昨日の雨がウソのような真夏日でした。朝からコンクリート打ちがあるのでいざ垂井へ。
以前このブログで垂井の風景を紹介していましたが、今年の春からいよいよ着工しました。振り返れば、おととしの秋に初めて現地を訪ねてから、かれこれ1年半が過ぎていました。早いもんですね。
とりあえず、工事の様子を紹介します。

Photo

敷地の測量図がなかったのでご主人と息子さんの3人で平板測量をしました。

久しぶりだったのでちょっと心配しましたが、ご主人の尽力でなんとかできました。

Photo_2

住宅の位置が決まったので地質調査をしました。きわめて良好な地盤でした。

Photo_3

2階のファミリースペースに一枚板の机をつくることになっていました。その板を銘木市場まで見に行って目星をつけ、いざご主人が入札の立ち会いへ!残念ながらこの写真の板は買えませんでしたが、他の板を見事ゲット!楽しみです。ちなみに板の材種は杉です。

Photo_4

いよいよ丁張り。敷地の形状が複雑なため建物の位置決めが肝心でした。

Photo_5

土工事です。決められた深さまで掘り下げて基礎の底板をつくります。

Photo_6

鉄筋工事です。きれいに並んだ鉄筋は美しい。

Photo_7

型枠工事です。黄色い板が型枠の合板です。表面が塗装されているのできれいなコンクリートが打ち上がります。

Photo_8

ベースのコンクリート打設工事です。田植えではありません。

Photo_9

そして今日、立上がりのコンクリートを打ちました。梅雨時なので雨を心配していましたが、かなり順調に進んでいます。いよいよ建前が近づいてきました。

それにしても夏の垂井は本当に美しい。

Photo_10

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中