大垣の家 基礎コンクリート打設

コンクリートの打設日はとてもよい天気に恵まれました。前日、寒い中をわざわざ配筋を見に来ていただいたクライアントにはとても申し訳ないことをしたと思っています。でもおかげさまで順調にコンクリートを打つことができました。よかった!よかった!
季節としては一番穏やかな時期なのでコンクリートの養生も安心していられます。これが真夏や真冬のコンクリート打設では養生にとても気を使います。春から工事にかかるのが一番良いと言われていますが、やはり自然の営みにそって進めて行くのが理にかなっているんでしょうね。

Dsc04373

Dsc04380

Dsc04381

Dsc04385

Dsc04389

Dsc04392

工事が終わって帰りがけに見た若葉と青空がとても清々しい風景でした。

Photo

大垣の家 配筋・型枠工事

今日は寒かったですね。風も強かったし時折振ってくる雨も冷たかったです。伊吹山では雪が降ったそうなのでどおりで寒いはずです。なんだか冬に戻ったような天気でした。
そんな中、現場は職人さん方の努力のお陰で順調に進んでいます。先週から今週にかけて雨降りが多かったので予定がずれてしまうのではないかと心配していました。でも雨にも関わらずがんばって頂いたお陰で明日のコンクリート打設が行えます。有り難うございました。
でもいつもそう思うんですが、きれいに並んだ鉄筋は美しいですね。

1_2

2

3

最近ですが、お隣の借りている駐車場に雑草が生えてきたので、ちょっとお願いして雑草取りをしています。間口が2間半、奥行きが25間ぐらいでしょうか。鰻の寝床のような土地です。

やるからには真剣に?とホームセンターへ道具を買いに行きました。はじめて見る道具の多さに戸惑いながらも今回は三角ホーを買いました。目的は雑草を根こそぎ取るためです。したがって、さきほど雑草取りと言いましたが、正確には雑草ほりです。

これには伏線があって、昨年夏に蕎麦を蒔いて秋に収穫し割り当てられた実を乾かし蕎麦職人に打ってもらい食べさせてもらったことがすごく楽しかったので、今年の蕎麦会に向けてトレーニングをしようと思いました。実際はじめて見ると解体した家のガラが埋まっていてなかなか簡単には掘れません。なので、作業は夕方6時から開始して1間くらいの奥行きを1日分として掘り進めています。

現在はちょうど中間ぐらいになりました。でも、雑草はすごいですね。掘り起こしたはずなのにこの雨でまた芽を出しています。おそらく奥まで掘り起こした頃には、始めの部分がまた復活しているように思います。自然の力はすごいですね。でも、土いじりは本当に楽しいです。興味のある方はぜひ道具を持って訪ねてください。お待ちしております。

大垣の家 基礎工事

昨日は冷たい雨でしたが、今日はよい天気に恵まれました。桜も散って若葉がとても清々しい季節になりました。忠節橋から金華山を見ると水道山の方が淡い緑色に覆われています。そんな景色を見ていてふっと「もののけ姫」のラストシーンを思い出しました。デイタラボッチによって破壊し尽くされた森がいっせいに蘇った時の木々の色合いです。映画を見ていてどうもしっくりこなかったのですが、今日そのことが納得できました。新緑の山は浮ついていて青い空にとけ込んでしまいそうでした。まるでアニメのようです。宮崎監督の目は正しい!
なんて偉そうなことを・・・
大垣の現場は順調に工事が進んでいます。地盤改良工事が終わり、防湿シートを敷き込んで捨てコンクリートを打設しました。そのコンクリートの上に墨出しをして基礎の位置を確定し、いよいよ基礎の鉄筋工事にかかりました。昨日の雨の中、梁の配筋を組んでくれたそうです。ご苦労様でした。きっと立派な基礎の配筋が出来上がると思います。

Dsc04350

Dsc04355