ゆりかご助産院 五月晴れ

今日はよい天気でしたね。気温もぐんぐん上がって夏を迎えたような陽射しでした。でもさすがに五月は湿気がなくてさわやかな風が心地よかったです。
先日、ゆりかご助産院の写真撮影がありましたが、雲が多くて外観が撮れなかったので、今日あらためて撮影がありました。朝10時から準備が始まりましたが、カーテンを開けたり余分なものを片付けたりで結構大変でした。そんな撮影風景が下の写真です。

でも暑い中、黒い布をかぶって画面をのぞいている写真家はもっと大変だったでしょうね。

今日も入院室の前の月見草を見てきました。撮影の時に片付けたので思わず撮ってきました。きれいなピンク色の花がさわやかです。

撮影が順調に進み、予定より早く終わったので待ち合わせの時間まで瞑想の森にある各務原市営斎場ヘ行ってきました。訪ねた時にはちょうど見学できたので、久しぶりに中でゆっくり時間を過ごすことができました。でも、斎場でゆっくり過ごせるというのは不思議なものですね。本来なら避けて通るような建築なのに、のんびりと蓮の花を見ていられるとは。やはり、建築の魅力がそうさせるんだなとあらためて気づかせてくれました。まだ見ていない方は、ぜひゆっくりして来てください。

広告

大垣の家 建前(たてまえ)

5月14日に大垣の現場で建前がありました。天気がとても心配でしたが、当日は青空が気持ち良く広がり、すがすがしい風が若葉を揺らしていました。やはり天気に恵まれると幸せを感じますね。
工事は早朝8時からスタートしました。今回は平屋建てなので、とても順調に進んで行きました。いつも言っていることですが、平家は本当に良いと思います。住み心地、スケール感、周辺とのバランスなど、平家の特徴がとても気持ち良くいかされます。今回は庭をL字型に囲み、それぞれの部屋から趣の異なった庭を楽しみことができると思います。

Dsc04465

Dsc04467

Dsc04475

Dsc04482

Dsc04484

Dsc04485

Dsc04486

Dsc04489

初日の工事は無事終了しました。翌日は屋根仕舞を終える予定です。

後片付けも終わって簡略な棟上げ式をしました。ご主人は朝からこの時の挨拶をいろいろと考えていて、ちょっと心配そうでしたが、とても立派に挨拶をされてほっとしたご様子でした。

ご苦労様でした。

Dsc04497

翌日は昨年完成したゆりかご助産院の写真撮影があったので3時頃に現場に到着しました。屋根仕舞は順調に進んでいて、野地板の合板の上に桧板を貼っているところでした。土曜日は雨になりそうなので板金屋さんが防水シートを張りに来ていました。大工さんが追われ気味です。

Dsc04503

Dsc04509

Dsc04507

さきほど話したゆりかご助産院では庭木が若葉を茂らせ、生き生きとした表情に変わっていました。なかでも、入院室の前に植えていた月見草がとてもきれいに咲いていました。淡いピンク色の花がそよそよと風に揺れています。月明かりで見ると、どんな姿で見えるのか楽しみです。

Dsc04498

Dsc04499

大垣の家 土台据付け

長い連休も終わり、また普段の生活が始まっています。連休中は何だかいろいろなことがあって、あっという間に過ぎ去ったように思います。ちまたでは高速料金の値下げで、どこも渋滞だったようですが、どこへも出かけることのなかった自分にとっては、まったく関係ありませんでした。もっとも、肝心のETCを持っていないので、その恩恵を受けることもできませんでしたが。さて、連休明けの現場は、今日、土台の据付けが終わりました。いよいよ、建前を迎えるばかりです。天気予報ではちょうど晴れ間となるようなので、ひと安心と言ったところです。どんな景色になるのか楽しみです。

Dsc04454

Dsc04456

Dsc04461

帰りがけに寄った場所で面白い雲を発見しました。写真の写りが悪いのでわかりにくいですが、矢じりに似た形の雲が同じ方向を向いて規則正しく並んでいました。自然の造形はすばらしいですね。

Photo

大垣の家 基礎工事その2

今日は暑かったですね。半袖でも十分なくらいでした。このところ寒暖の差があるためか風邪を引いている人がちらほらと。なかなか治りにくいようです。十分休んで早く元気になってくださいよ。
ところで今日は基礎の立上がりコンクリートと外構廻りのコンクリート塀の打設工事でした。型枠工事が間に合わないために職人さんがいつもよりも多く入ってきて、ぎりぎりまで工事が行われていました。でもなんとか打設に間に合い、職人さん方は皆さんほっとしていました。ご苦労様でした。

Dsc04396

Dsc04417

Dsc04418

Dsc04421

Dsc04424

午後からは居間、食堂、和室の3部屋にある化粧柱の選別のために材木屋さんへ行ってきました。材種は東濃桧で4寸角の無地又は上小節材です。きれいなピンク色をしているのが東濃桧の特色です。余分に持ってきてもらった柱の中から気に入ったものを選ばせてもらい、どこに使う柱かを決めてきました。出来上がりが楽しみです。

Dsc04427

途中、垂井の家にうかがって照明の具合を確認してきましたが、奥さんからうかがった話しでは、ご主人が一生懸命,庭仕事に励んでいるそうです。南の庭に自分で運んできたモミジを一人で植えたそうです。枝振りもなかなか良いモミジでした。縁先には御影石のピンコロ(10センチぐらいのさいころ状の石)を並べて種から芝生を育てていました。かわいらしい芽がいっぱい生えていました。ご主人、やりますね!次回うかがうのが楽しみです。

そういえば垂井では田んぼに水が張られていました。もうそんな時期なんですね。