原風景

先日、久しぶりに金華橋通りを運転していたら、何だか不思議な感じがしました。ちょうど明徳小学校を過ぎて金華橋に向かっている時でした。「う〜ん?なんだか変だなぁ?」何がどう違っているのしばらくわかりませんでした。でも、以前とは何だか変わっているようでした。「なんだろう〜?電柱でもなくなったのかなぁ?でもちょっと違うなぁ〜??」まわりを見渡してみますが、何が変なのかすぐにはわかりませんでした。そして、文化会館にさしかかる頃に、やっと気づきました。「あ〜ぁ!大学病院がなくなっている!!」そうなんです。大学病院が解体されていて、以前そこにあった風景が変わっていました。グレー色の大きな固まりがなくなって、空が広くなり、金華山を見通せるようになっていました。「これって、昔の風景に帰ったんじゃないのかな?」ちょうど夕暮れ時だったので、夕焼けに染まりかけていた町並みは、昭和初期くらいの印象を受けました。まだ岐阜に来ていなかったのに、なぜそんな印象を抱いたのかわかりませんが、その景色を見て、ほっとしたように思えたのは確かです。
日本の良き時代の風景が、そこに垣間見れたように思います。

垢にまみれて

今日は雨が降り続いていましたが、夕方頃に青空がのぞきました。気持ち良い光が中庭の緑を照らし出していました。今日は夏至なんですね。早いものです。ついこの前までは、日が暮れるのがやけに早いと思っていたのに、今は一番日が長いとは・・・月日の流れは早いものです。
先週末の検査で、やっと簡易ギブスが外れました。「包帯だけになるので、お風呂に入るときは、包帯をはずしてもらってもいいですよ。でも無理はしないように・・・」そんなこともあって、久しぶりに包帯をはずして風呂へ入りました。すると驚きです。手をこすると、とんでもないくらいに垢がでてきます。それも、手の指や手の甲から。「なんじゃこれは?」よく見ると確かに左手よりも色が黒くなっています。ギブスをしているときは、うっ血しているからだと思っていましたが、結局それは垢だったんだとわかりました。たった3週間でこんなに溜まっているとは。人間の新陳代謝の早さに、あらためて驚かされました。
人間の身体は刻々と変化していて、細胞はどんどん入れ替わっていると聞きます。つまり、今こうして文章を書いている自分は、もうその瞬間に違う自分へと変化しているということなんだと思います。意識の中では同じであると思っていても、存在そのものは、自らの意識に関係なく移ろって行くんですね。生物って不思議なもんです。
季節の変化に驚く自分は、もうその時の自分ではない自分へと変化して行きます。
森羅万象 万物流転
明日を夢みながら今日も垢にまみれて生きたいと思います。

大垣の家 梅雨入り

今週は暑い日が続きました。梅雨入りしたと聞きましたが、もう夏日のような暑さです。年々、季節が早く移ろって行くように思いますが、これも温暖化が原因なんでしょうか。そういえば今週、突然の豪雨がありました。雷鳴とともに大粒の雨が降り出し、地面を叩き付ける雨音にすべてが包まれてしまいました。大自然の力にただ驚くばかりです。
そんな中、大垣の住宅はゆっくりですが、徐々にその姿を表し始めています。建前以降、屋根仕舞を終え、軒先の破風が取付られました。軒樋を隠して、軒先の納まりをすっきり見せようとしています。北側の破風の長さは23メートルあまりありますが、なかなか気持ちのよい姿をしていると思います。大工さんががんばってくれたおかげです。
内部は床組が終わり、外壁の下地が徐々に貼られて行きます。それぞれの部屋の大きさが、おおかた見えてきます。庭を囲んでたたずむ風景がそこにあります。

Dsc04636

Dsc04638

Dsc04639

Dsc04634

Dsc04632

43階・MRI・同窓会・らーめん

もう6月になったんですね。月日が過ぎて行くのがどんどん早くなって行きます。
さ〜てと、なにから報告しようかな?何だか慌ただしい月末でしたが、そのためなのか、今私の右手には、白い包帯が巻かれています。ちょうどボクサーがグローブを付ける前にテーピングするように。「どうしたの?その手は?」と会う人みんなに言われます。「いえちょっとこれで」と言ってボクサーのまねをしますが、あまりのってくれません。なので「ちょっと彼女にかまれて!」というと笑ってくれます。そうなんです。笑ってもらった方が言い出しやすくて。
ことの始めは、大垣のギャラリーを見学にTさんと出かけ、岐阜に戻って来てはじめて43階の展望台にのぼりました。展望室はへんてこりんなスペースでしたが、見晴らしはとても良かったです。

Photo

ちょっとオノボリサン気分になり、また黄昏タイムでもあったので、待ちこがれていた「水谷」へ。というよりも、これまでが序章でこれからが本題だったんでしょうね。自然と笑顔になり歩く足取りも軽やかに、目的地にまっしぐら!今日は運の良い日でした。オープンエアーの特等席が、私たちが来るのを待ちこがれていたように、ぽっかりと空いていました。思わずビール!歩き疲れて喉が渇いていた時に飲むビールは最高です。黄昏れ万歳!

Photo_2

すがすがしい風に吹かれ染み渡るビールに喜びを満喫したところで、待ち合わせの仲間もそろい次なる目的地「三楽」へ。今日はいつもの楽三会の日です。ゲストはすてきな女性ジャズシンガー。なんて良い日なんでしょうね。彼女の話しに魅了されながら、いざカンパーイ!おいしいお酒を飲みながら、良い気分で大笑いをしたら、そのまま後ろに転げ落ちてしまいました。座っていたのは玄関の上がり框。落差は40センチほど。見事にひっくり返ったので周りの人からすると、突然消えてびっくり!結局、手首を痛めてしまいました。「折れたかなぁ?」骨折の経験は前にあったので違うようにも思えるんですが・・・ちょっと調子に乗りすぎました。
翌日、物知り博士のコットーヤNさんにお医者さんを教えてもらい、さっそく芥見のW整形外科へ行きました。すると、なんてはやっている?いや患者さんでにぎわっている病院なんでしょうか。Nさんがすすめるだけあって良いお医者のようです。診察室にはいって大きな体格の先生に診てもらい、すぐにレントゲン。「うぅ〜ん、ここがTFT損傷。それと折れてはなさそうだけど・・ここの骨が心配だからMRIを撮りましょう」「あぁそうですか・・」結局、翌日が休診日なので翌々日にMRIを撮りました。

待合室にはMRIの写真と説明書きがあり、なにやら最新機種で音は静か、開放感があり320°解放されている等々。いきなり服を脱がされ青い検査服を着させられました。つまり金属を身につけては行けないそうです。MRI室に入ると大きな器械が横たわっていました。おもむろに寝かされて、撮影する手を固定され「痛いところはありませんか?足は曲げていますか?枕は高くしますか?などなど」「では今から撮影します。時間は大体40分くらいです。もし気分が悪くなったらこのボタンを押してくださいね」と左手に渡されました。「40分!??なんでそんなにかかるの!」器械は動き出し、室内に癒し系の音楽が流れ始めたと思いきや、耳元でなっているような大きな音が、ヴオンヴオンコンコン!ヴオンヴオンコンコン!と響きわたり音楽なんかはとても聞けるものではありませんでした。「ほんとにこれって気分悪くなりそう〜・・・」目をつむって動かずにその音を聞いていると、起きているのか寝ているのかもわからない状態となり、意識がもうろうとなってしまいました。「はやくおわんないかなぁ〜」混濁した意識の中でドアが開く音がしました。「はい、終わりました。ご 苦労様です」「えっ?もう40分たったの?ほんとかよ?」言われるままに服を着替え待合室の時計を見てみると確かに時間は過ぎていました。「俺って寝てたんだろうか?」なんだか頭がスッキリせず耳元で、あのいやな音がこびりついているようでした。診察室に呼ばれ今撮影されたばかりのMRIの画像を見ながら 「ひびが入っていますね。MRIとってよかったね。レントゲンではわからなかったけど、ここにひびがはいっています」ということで病名が増えてしまいました。どうやら時間がかかりそうです。

その週末に大学時代の同窓会がありました。それも30年ぶりの同窓会です。20周年はあったそうなんですが、私の記憶が正しければ呼ばれていませんでした。でも、聞いてみると確かなようで、物忘れがひどくなった証拠でしょうか。名古屋に住んでいる同窓生と二人で高速バスに揺られながら、久しぶりに訪れる町と級友の話しに少しだけ盛り上がり、ただひたすら持ち込んで来た弁当やつまみに熱中していました。そんな訳であっという間の3時間がすぎ、目的地の福井へ到着しました。福井駅東口は、きれいに再開発されていて、面影はまったくありませんでした。もっとも、20年ぶりくらいに訪れるので以前どんな駅前だったかも忘れてしまいました。そんな、記憶の悪さであっても、青春時代の甘酸っぱい思い出は、はっきりと覚えています。卒業式を終え東京に就職が決まり福井を去る夜行列車でのこと。しんしんと降る雪の中、ホームにたたずむ二人の影。うつむきかげんに何も話しをせずにじっと・・・・この続きは「水谷」で。

久しぶりに大学を訪れました。たまたま学園祭をしていて、多くの学生でにぎわっていました。そんなに広くないキャンパスを歩いてみると、ずいぶん建物が増えていました。そんな中、一番高い建物から廻りの景色を眺めていると、新しい建物に混じって見覚えのある風景が見えました。「あの時、あそこを歩いて飯を食いに行ったんだなぁ」「そういえば、よくあそこでたむろしてたっけ」などと懐かしい思い出が蘇ってきます。キャンパスで偶然あった同窓生とそんな思い出に浸っていました。

Photo

大学をあとにして、いよいよ宴会場のホテルへ。参加人数は20名あまりと恩師の先生方。まずは、先生方からご挨拶をいただき、つぎにそれぞれの自己紹介と近況報告。みんな、いいおじさんになっていました。なのであまり変わらないヤツもいれば「だれ?」「えぇ!」とわからなかったり、びっくりしたり。でも酒が入って話が弾み出すと昔のままのヤツらがそこにいました。いいもんですね、同窓生は。考えてみれば、30年ぶりの同窓会でしたが、これが私の最初の同窓会でした。小学校、中学・高校と転居を重ね、その頃の級友とはつながりがなくなり、同窓会には出席したことがありませんでした。はじめて同窓会に出てみて、こんなにも懐かしく、うれしいことはありませんでした。いいもんですね。結局3次会まで宴会は続き、10人くらいが狭い和室で飲み明かしていました。そして、翌日は二日酔いにも関わらず、級友がバスの時間まで朝倉遺跡に案内してくれました。福井にいる時にはあまり来る機会がなかったので、とても良い観光ができました。

Photo_2

1

同窓会から帰って病院へ通っていた時に、近くでこつこつがんばっている「たっちゃんらーめん」へ行ってきました。独立してから2年目のお店です。ご主人は、チェーン店のラーメン店を経営していましたが、一念発起!自らのラーメンを模索して、徐々に自分のラーメンを作り上げて来ています。はじめは醤油ラーメンしかなかったので、なんとなくさみしいメニューでしたが、今は塩と味噌が加わり餃子も増えて、お客さんも徐々に増えて来ているようです。今回は味噌ラーメンをいただきましたが、いわゆるこってりした味噌ラーメンとはひと味違って、とてもやさしいラーメンでした。特に使っている味噌が本当においしかったです。お店を始めた時には、ちょっとぐらついていたご夫婦でしたが、いまは共に歩む道を確信したように、一歩づつ着実に歩んでいるように思いました。たくましく自信に満ちて来たご主人のその姿がとても気持ちよかったです。がんばってくださいね!