大垣の家 足場が取れました

今日も秋晴れのよい天気に恵まれました。現場も順調に進んでいます。いよいよ足場が外れて外観が現れました。外壁の色が心配でしたが、明るくやさしい色に仕上がってほっとしました。造園工事も進んでいるので、庭木が入ると落ち着いた外観になると思います。

1

2

3

4

5

6

夕暮れに染まる建物と秋の空がきれいでした。

7

広告

大垣の家 オープンハウスのお知らせ

台風が去って良い天気に恵まれました。さわやかな秋空は気持ちがいいですね。

さて現場は今、最後の追い込みになっています。外部の塗装が終わり、いよいよ足場がはずされようとしています。内部は、左官仕上が終わり、建具の取付が始まっています。庭では移植していた庭木を徐々に植え替え始めています。新しい木はまだ来ていませんが、庭ができ始めると建物が生き生きしてきます。楽しみです。
ところで、クライアントのご好意により、今回もオープンハウスを行うことになりました。日程等については下記に記します。(まだ、すべては完成していないと思います。)
見学を希望される方は下記までお申し込みください。

大 垣 の 家<ゆるやかにおだやかに>

  設 計:多田直人建築研究所(多田直人)
  施 工:株式会社 相宮工務店
     (監督 前田公男 大工 長屋茂樹・俊平)
  構 造:木造平屋建て

  日 時:11月7日(土)・8日(日)
       午前10時〜午後4時
  場 所:岐阜県大垣市
  申 込:多田直人建築研究所あてにメールでお申込ください。
      mail@wood-road.com
      申込の際には住所、氏名、連絡先、見学の主旨を明記ください。
      追って地図を送らせていただきます。

1

2

3

4

5

大垣の家 台風一過

久しぶりに台風がくるとあって、昨日はめずらしく家のことに時間をかけました。というのも、いま住んでいる家はかなり古い家なので、窓の木製建具の動きがかなり悪い上に、入居してから一度も雨戸を閉めたことがありませんでした。いぜん、横殴りの雨の時にガラスの隙間から雨が吹き込んできたので、この台風をしのぐにはなんとしても雨戸を閉めなくてはならなかったからです。でも、これがとんでもないことになるとは、夢にも思っていませんでした。
まずはガラス戸を横にずらして雨戸を引き出そうとしましたが、肝心のガラス戸が動きませんでした。どうやら建物のきしみが窓枠に影響していて、にっちもさっちも動かない状態でした。「どないしょ?」ともかくガラス戸をはずさないと何ともならないので、屋根裏から適応な木を持ってきて、鴨居の下から無理矢理木を叩き込んで鴨居を上げると、なんとかガラス戸がはずせました。でも、このままでは、支えている木をはずせば、またもとに戻ってしまいます。「うむ・・・仕方がない」やおらカンナを取り出し、鴨居と建具の両方を削ることにしました。子供が工作で使っていたカンナは、期待出来るほどの切れ味ではありません。おまけに、刃の調節何ぞは中学校以来のこと。とてもまともに削れる訳がありません。でもこれが素人(ちょっとプロ)の強み!やってみればいい!だめなら直せばいい!しばしカンナと金槌とも格闘でなんとか削れるようになりました。「けっこういけるじゃん〜」これだから素人はこわい。その気になって、次々と建具をはずしてはカンナがけ。ゆるんだガラス押えもねじを締め直す懲りよう。ふと気づいた時には、ガラス戸すべてが取り外され、足下にはくるりと輪になった厚めのカンナくずの山。どうするの〜?もう夜だし、雨も強くなってきたし。どうなるの〜?
明け方5時頃、雨戸に叩き付けられる雨音で目をさましましたが、疲労のあまり起き上がることさえできませんでした。反省、反省。
それはさておき、本日定例打ち合わせがあり、大垣の現場を確認。大工さんは内部の工事がほぼ終わり、いよいよ門と物置を作り始めました。屋根の形は楕円です。以前駐車場の屋根を楕円で作りましたが、今回は小さな楕円。きれいに納まるでしょうか。

1

2

3

4

Photo

Ldk

Photo_2

晴れ上がった青空が気持ち良かったです。

秋は一段と深まっています。

大垣の家 内装工事がもうすぐ完成!

もう10月なんですね!朝晩もめっきり涼しくなって、徐々に秋が深まっています。先日、新米をいただきました。さっそく玄米ご飯で食べましたが、とてもおいしかったです。秋はほんとに食べ物がおいしい季節ですね。持病の痛風に悩まされながら、好きなビールも飲めないので、せめて季節の実りを十分味わいたいと思っています。でも、先日健康診断に行ったら、「ぎりぎりですね!」と女医さんに言われ、メタボの自分を少しばかり反省しました。

さて、大垣の家は、ずいぶんと報告がのびてしまい、一部の読者の方から「・・・」という貴重なご意見をいただいたので、がんばって更新してゆきます。
現在、内装工事もそろそろ終わりになりかけています。少しずつですが部屋の雰囲気が伝わるのではないかと思います。
とりあえず外観から。まだ、足場が組まれているのでわかりにくいですが。

1

2

3

4

どこが変わったの?と疑問に思われても仕方がないのですが、開口部まわりが進んでいるんですよ。雨戸の戸袋もついていますが、わかりますか・・・

次は内部です。まずはLDKです。奥が寝室になります。

Photo

Photo_2

南はすべて開口部になっています。庭ができると気持ちがよいと思います。ちなみに、ガラスはすべてペアガラスですが、中央部分のFixガラスは、重さが170キロあまりあります。6人掛かりでガラスが取付けられました。皆さん、緊張感の中にも、充実感があるようで、終わった時には、にこやかに見直していました。こんな時が、仕事をやっている歓びなんでしょうね。

次はその隣の寝室です。奥が畳敷きになって1段あがっています。

Photo_3

そして最後は、和室です。ここが一番手間がかかっています。以前建っていた古家の材料を、なんとか活かしながらの造作です。大工さんも頭を抱えている??いやいや、いまは昼休みで、休憩を取っているところです。

しずか〜にしつれいしま〜す。

Photo_4