大垣の家 嫁入り

今日は秋晴れのすがすがしい青空の中、大垣の家では引越がありました。前日の雨の中、生駒から荷物を送り出し、今日の午前中に無事引越が終わりました。そんな中、荷物の整理に追われながら、使い慣れない設備や家電製品に戸惑いつつ、慌ただしさの中にもうれしさの漂う光景でした。
ほんの2、3日前までは、私たち建築関係者の「現場」であった建築も、今日からはSさんご夫婦の新しい住居となりました。「時計をどこにかけたらいいのか・・カレンダーをどこに吊るしたら良いのか・・・」そんなSさんの戸惑いの質問に、ついつい黙り込んでしまったり、「できればこの見えない壁に・・」と遠慮しながら答えたり。でも気がつけば、それはSさんの今までの生活スタイルでした。当たり前のことですが、この建築はSさんのものであり、私たち建築関係者の手を離れたものなので仕方のないことなんですが・・
思い返せば去年の6月に初めてSさんご夫婦とお会いして、大垣の現場を見せていただきました。あれから1年5ヶ月あまりが過ぎました。その間、設計を通して考えた内容を現場で監督さんや大工さん、あるいは各工事の職人さん方に伝えながら、いろんな話し合いや知恵の出し合いでなんとか解決しながら積み上げてきた建築でした。

でも、いまはもう私たちの手が届かないところとなりました。そうなんですね。手塩にかけた娘だけど、嫁に出したんだから、もうこれ以上は・・・
あとはSさんご夫婦にお任せするしかありません。
建築が完成するといつもそうなんですが、ほっとした気持ちにまじってそんな寂しさが心に残ります。
帰りがけの車の中で、しんみりと小田和正の曲を聴きながら、そんな別れを味わっていました。
今日は熱燗にしよう〜!

1

Photo

2

Photo_2

Photo_3

Photo_4

大垣の家 オープンハウスを終えて

7日、8日の2日間オープンハウスをさせて頂きました。幸い天気にも恵まれ、多くの方に見ていただくことができました。
見学に来ていただいた方々には、お忙しい中、わざわざ訪ねていただき本当に感謝申し上げます。また、現場は工事の途中段階のため、皆様のご期待に添えないことがありましたことを深くお詫び申し上げます。
皆様から頂いた貴重なご意見やご感想を旨に、今後も精進してゆきたいと思います。
最後に今回の感想の中で私を一番励ましていただいた言葉がありました。
ご近所のご夫人の言葉でした。
「見ていると涙が出てきます。」
ほんとに有り難い言葉でした。

<人の心を支える>

それを目標にしていた自分にとって本当に救われた言葉でした。

どうも有り難うございました。

大垣の家 もう少しですが

オープンハウスまであと2日となりました。内部はおおよそ出来上がっていますが、外構や造園が間に合いそうもありません。できるだけと思って進めてもらっていますが、あまり無理をしてもよくありません。
そんな訳で、オープンハウスに来ていただく方には申し訳ありませんが、工事途中の姿になってなってしまいます。本当はスッキリしたところをお見せしたかったのです、どうかご理解いただければと思います。
なお、オープンハウスのお知らせは、このブログの2009/10/27付に載せてあります。
お時間のある方はぜひご覧下さい。

1

2

3

4

5

1_2

2_2