自然に学ぶ

8月下旬に恒例の蕎麦づくりに参加しました。きれいに弧を描く畝(うね)のてっぺんに、そばの種を蒔いてゆきます。参加人数が少なかったため、作業時間が心配ではありましたが、便利な手押し車の種まき機が人気で、皆さん夢中で押していました。「きっと俺の(私の)蒔いた畝が一番育つぞ!」と思いながら・・・・

001

しかし、今年は本当に暑い日が続き、おまけに雨が降らなかったために、9月の下旬に畑に行きましたが、そばの成長が今ひとつでした。おまけに、ご近所の話しでは、鳩に食べられていたとか。
蕎麦にとっては、試練の夏だったようです。

002

そして、今月の始めにふたたび畑を訪れると、見事に蕎麦が花を咲かせていました。成長の違いで、所々背丈が違いますが、それでも元気よく花を咲かせています。前の週に長浜へ出かけた時も、そばの花が満開でした。例年から比べると、ずいぶん遅いように思います。人間にとって厳しかった夏は、私たちだけでなく、あらゆる生命にとっても厳しかったんだとあらためて感じました。

003

そばの花を見ていて気付いたことがあります。
生きるとはこういうことで、生き続けることはこうやるんだと。
あきらめず我慢強く。
そんな教えを見せてくれました。

004

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中