夜坐とチベット死者の書

 土曜日の夜、初めて坐禅をさせてもらいに林陽寺さんへ伺いました。お寺さんの娘さんのお誘いでした。「the寺起こし企画」の一つ「夜坐(やざ)」です。坐禅には以前から興味はありましたが、あらたまって訪ねて行くのも気が引けていましたが、明るく元気な寺娘さんにおだてられて、ついついその気になって参加してきました。参加者の皆さんは老若男女(うまく発音できませんが)あわせて12、3人くらいで、ほとんどの方が初参加でした。なので少し安心しながら、住職さんが丁寧に教えてくれる通りに、坐禅の坐り方や心のありようをまねて、少しばかり坐禅をさせてもらいました。普段は静かに坐ることがないため、心が騒いで時間ばかりを気にしている自分がありました。「考えを捨てよ。考えを追うな。」と教えてくれた住職の言葉を試してみても、いつもと違う雰囲気の中にいる自分を見てしまい、心が落ち着くどころか右往左往している自分を感じて、ますます考えてしまいました。そんな訳で、わずかな時間だったでしょうが、少しも悟れることは無く、ただただ疲労困憊の一時でした。
 その後、お茶とお菓子をいただいて「チベット死者の書」のDVD鑑賞となりました。この作品は以前(といってもかなり前ですが)NHKで放送された番組です。死を迎えた人間を49日間弔いながら、魂が輪廻して行くまでの流れをチベット仏教の教典を通して語られるお話です。中沢新一氏の脚本ですが、多少ビジュアル過ぎる部分が多いかなと思いますが、でも死を迎えた人への心構えから始まり、魂が抜け出た後に彷徨う心を導く教えや、輪廻して再生を迎えるための道を必死に教えることなど、わかりやすく、そして興味引かれる内容でした。
 何年ぶりかで見てた番組でしたが、文明が進んでしまった日本では、非科学的だと思われても仕方がありませんが、今の日本を見ていると、こうした原点の教えが、あらためて必要なんだと感じました。寺娘さんが、がんばっているこうした企画が、少しずつでも広がって、多くの人に伝わって行けばと願います。
外に出て寒空を見上げると、まばゆい星が静かに、そして、美しく瞬いていました。よき出会いをいただいて感謝感謝。また誘ってくださいね。

広告

夜坐とチベット死者の書」への2件のフィードバック

  1. 多田っち、こんにちわー。
    お久しぶり。
    座禅??
    おおー、精神世界、まい進??
     近々、呑みながら、語らいあいましょやー。
    写真、頂きましたよ!
    ありがと~
    夫、今日から、中国ですわー

  2. gnasさん、おひさしぶり。
    まい進はしていませんが、違う世界は刺激になりますね。
    興味があったらぜひ「チベット死者の書」のDVD見てください。
    それと飲み会望むところです。連絡入れますね。
    よろしく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中