ありがとうございました。

今年もあと数時間ですね。震災に始まり、津波の被害、原発の問題と大きな課題を背負った日本ですが、混迷する政治と疲弊した行政のあり方が、この国の未来を照らせずにいます。このままではだめですね。消費税の値上げは日本の未来に欠かせないと言っていますが、その言っている人達へ信頼が欠けていては、どうにも始まらないように思います。先日テレビで見た「坂の上の雲」の時代には、信頼を寄せることが出来た国だったんだと思います。やはり、この国の行く末を築くのは、政治家でもなければ官僚でもない、私たち自身なんだと思い知らされた年でした。

そんな中、個人を振り返れば、自らも錆び付き固定化の道を歩んでしまっていることに気付かされました。世界を駆け巡ったスティーブ・ジョブズの死は、私自身にも響くものがありました。彼ほどに勇気を持って突き進んで行くことはできませんが、自分を信じて自分の夢に突き進んで行くことが大事なんだと教えてもらいました。今年は多くの失敗と挫折と自信を失いました。すべては自分の問題です。でも、このままでいることは自らも耐えきれず、さりとて逃げることも本意ではありません。「失敗は忘れろ!」そう自分に言い聞かせ、あの「坂の上の雲」にある眼差しと勇気を持って歩んで行くしかないと思います。

ここは、ジョブズ氏の言葉を借りて、次なる自分へ!

Stay Hungry   Stay foolish

もう十分にハングリーであれば、あとはバカに磨きをかけるだけ!

そう信じて今年を終えたいと思います。

今年一年をおつきあいいただき、

本当にありがとうございました。

広告

ワークショップ第3日目

今回のワークショップは、本当によい天気に恵まれました。これもクライアントの運の強さでしょうか。とはいえ、年末ともなると皆さんお忙しいようなので、ワークショップ参加者は私一人となりさみしい限り。左官の職人さんが「今日は応援来ないの?」と心配してくれ、「まぁがんばります!」と力のない受け答え。そんな私を見かねてそっと?いやいや、始めは様子見でしたが、しばらくするとボルテージが上がりっ放しで、鳴り止まないラジオ状態!とても救われました。なにせ今日のメニューは、「目地込め」。白セメントに寒水石を混ぜたモルタルを目地に詰め込み、ただただこする!でも、これが難しい。

半分を終わった頃に、梅津建築チーム登場。ちょっとへこたれ気味だったので助かりました。そして、要領の飲み込みも早く、どんどんと進んで行きました。

水引きを待て昼ご飯。栄気を養うためにと、近くのとんかつ屋さんへ。ご夫婦でがんばっているお店ですが、ランチが680円でボリュウム満点。なんと親切な!お腹もふくれて、再び目地をこする。ただただこする。嫌になりそうなところをぐっと我慢して、ひたすらにこする。

そして、やっと目地込め完成。昨日と比べると目地が目立たなくなって、一体感が出てきました。今年の作業はここまで。いよいよ年明けの1/5、6で研ぎ出し作業をします。かなりのほこりが出るため、防護メガネと防塵マスクは必須とのこと。覚悟してかからねば。でも完成が楽しみです。

追伸;ワークショップの参加者を募集しています。興味のある方は、ぜひご参加ください。事務所のメールアドレスにご連絡いただければ、詳しい案内を送らせていただきます。お待ちしております。

 

ワークショップ第2日目

昨日に引き続き今日もよい天気に恵まれました。有り難いことです。

本日のメニューは「石の設置」です。モルタルを敷き詰めた上に、仮置で決めた石を設置して行きます。寒い中、職人さんが勢いよくスタート!その動きに圧倒されながら、ただただ作業工程を見させてもらうばかり。

そこへ、昨日まで工事をしてくれていた大工さんチームが、ワークショップ参加者として殴り込み。左官屋さんから鏝とレベルを奪うと2人で果敢に並べ始めました。さすがに現場を見ているだけあって、要領をつかむとどんどんスピードアップ。「足場がいるのでは?」と大工が問えば「踏んでもすぐ治せるから」と笑って答える左官!立場が違う中での職人同士の会話は、聞いていても楽しいですね。

土間の入口部分は、建具の枠との関係でレベルをきっちりと。

土間の半分を敷き終わり、残り半分へ突入。順調です。ただ、どんどん足場のスペースが無くなって行くので石を据える時が大変です。

入口部分には立上がりの石を貼ります。結局、親方がきれいにやってくれました。

いよいよ大詰め。入口に向かっての床のレベル調整が肝心。

そして、無事に並べ終わりました。後はしばらく乾燥を待って、目地の掃除と下地作り。

「この小口の掃除が大事ですよね!」そう問われて、「なるほど!」

次の研ぎ出しに気を配る大工の梅ちゃんに座布団一枚!

見事に白い大理石が敷き並べられました。端材を使った並べ方としては、おもしろい出来上がりだと思います。

ご苦労様でした。

さぁ〜て、明日は目地込めです。楽しみです。

そういえば、外部の建具が徐々に出来上がってきました。ナラの無垢材で作られています。いい顔をしてますね。

ワークショップ第1日目

今日の実習〜石の仮並べ

今日は天気に恵まれましたが、とても寒い朝でした。車の窓ガラスも凍っていましたが、現場に置いてあった大理石も凍り付いていました。スタート時間が早過ぎたようです。水をかけながら氷を溶かして、やっと石を運べるようになりました。

石の山を一枚ずつ運び出していると、石にこんなことが書かれていました。「この子達の兄弟がここで使われたんだぁ〜」石の歴史が垣間見れました。

石の山には大きな石が入っていると聞いていましたが、何段か運び出しても出てこなかったので、あきらめて中くらいの大きさの石を借り並べしてみました。石の模様と形状がまちまちなため、並べるのはなかなか難しいとわかりました。そんな時、山の中から大きな台形の石が出てきたため、ならばこの大きな石を中心にして活用しようということになり、山から大きな石を出してみると16〜7枚あることがわかり、並べ方を工夫すると大きな石だけで貼れることが判明。じゃぁどう並べるべきかとなった時「石は重いから型紙を作って試したら」と左官職人Kさんからの助言。ほっとしました。石を移動したり並べたりとしていたらもう腰が重かったので、やはり職人さんは機転が利くと思いました。さっそく型紙を作って、配置を検討。

型紙を置いてみると横に4枚、縦に4枚並ぶことがわかり、台形の石を2枚組み合わせると、石の模様をあわせることができることもわかりました。ならばその模様をブックマッチ形式で並べることが決まり、そこからはスムーズに事が進んで・・・というか疲れもあって、とてもシンプルに並べることが出来ました。

あとは入口部分の長さ調整と役物の製作です。左官屋さんと石彫アーティストとのコラボレーションであっという間に加工ができました。すばらしい!

実にダイナミックでシンプルな配置が出来上がりました。想像ではもっと複雑な配置になるのではと心配していましたが、大きな石の数がピッタリだったことにも助けられ、また参加してくれた皆さんの積極的な考えが聞けて、とても良い配置になったと思います。

ご苦労様でした。

石の仮置が終わったのは、午後3時頃でした。ワークショップ初日としては、順調な出だしでした。さて明日は、モルタルを敷き詰めて石の配置を決めて行きます。がんばろう!(ちょっと腰が重いんですが・・・)

追伸;クライアントは、枠材の塗装工事を行なっています。

きれいに塗れてますよ!

いよいよ現場テラゾ工法を試します

メリークリスマス!

そんな言葉がピッタリの雪景色でしたね。しんしんと降る雪は、いつ見ても美しい。そして、雪化粧をした山並みもじつにきれいです。今年の冬は、久しぶりに冬らしい冬になるんでしょうか。

さて、現場は大工さんが勢いを増して、急速にその姿を現しています。細かな取り合いがいろいろとあって大変ですが、とても前向きにがんばってもらっています。有り難いことです。

 

これなんだと思います?

 

ところで、明日からいよいよ床の大理石を貼って、きれいに研ぎ出す現場テラゾ工法という作業を、ワークショップ形式で始めます。使われる大理石は端材ですが、パルテノン神殿にも使われているというホワイトペンテリコンという白い大理石です。参加者が少なくて大変かもしれませんが、左官職人の方々と楽しんで作業が出来ればと思っています。

 

この土間で作業をします。

 

雪の中で出番を待っている大理石の山です。

さぁ!がんばろう!

 

丸太の皮むき

今日はよい天気に恵まれましたね。久々に早起きをして、とても気持ちがよかったです。

そんな中、今日は丸太の皮むきがあるというので、郡上市美並町にある古川林業さんへ向かいました。山間の自然豊かな場所で、川には粥川うなぎがいるそうなんですが、残念ながら見ることは出来ませんでした。

現地に着くとすでに作業は始まっていました。高圧洗浄機によって丸太の皮をむくのは初めての体験でしたが、おもしろいように皮がむけて、かなり夢中になってしまいました。つまり、大人の水遊びと言ったところでしょうか。作業を終わってみると身体中に木の皮が飛び散り、メガネも水浸しでした。でも気持ちがいい。

皮を剥がされた桧はとてもつややかで、触るとすべすべの状態でした。あとは来年の夏までゆっくりと乾かし、美濃保育園さんの柱に使われるそうです。枝がついたままの柱は、子供達にとって格好の遊び場になるでしょうね。完成が楽しみです。

 

いくつか飛び出している枝の中で、赤く筋の入った枝が何本かありました。この赤みは、何らかの原因で枝に力がかかった場合にできるそうです。まるで筋肉か、血管が浮き出た様子に見えました。やはり木もがんばっているんですね。

 

真打登場!

外部まわりの枠が納まり、おおまかな内装下地が出来上がる中で、要となる材料の取付が始まりました。まずは玄関の上がり框です。もともと使われていた框ですが、ワックスなどで重なっていた汚れをスッキリ落とし、うぶな材料となって生まれ変わりました。こんな風にできるのは、やはり無垢の木を使っているからでしょうね。この玄関框とともに、いろんな種類の広葉樹が彩り豊かに玄関を飾ります。楽しみですね。

 

こちらは板間の上がり框に使う広幅のトチの無垢板です。きれいに鉋がけをされて、舞台を彩ります。

 

キッチンの床には、使い古された足場板を並べることに。いろいろな現場で働いてきた杉板は、貫禄十分な表情をしています。

「足場板を養生するなんてはじめてやぁ〜」

本当にそう思います。