真打登場!

外部まわりの枠が納まり、おおまかな内装下地が出来上がる中で、要となる材料の取付が始まりました。まずは玄関の上がり框です。もともと使われていた框ですが、ワックスなどで重なっていた汚れをスッキリ落とし、うぶな材料となって生まれ変わりました。こんな風にできるのは、やはり無垢の木を使っているからでしょうね。この玄関框とともに、いろんな種類の広葉樹が彩り豊かに玄関を飾ります。楽しみですね。

 

こちらは板間の上がり框に使う広幅のトチの無垢板です。きれいに鉋がけをされて、舞台を彩ります。

 

キッチンの床には、使い古された足場板を並べることに。いろいろな現場で働いてきた杉板は、貫禄十分な表情をしています。

「足場板を養生するなんてはじめてやぁ〜」

本当にそう思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中