賞をいただきました。

今日、岐阜市景観賞奨励賞をいただきました。

受賞した建物は、一昨年完成した「プルシック」さんです。

オーナーの所さんと建築会社の佐野さんの3人で授賞式に出席してきました。

アットホームな授賞式でしたが、賞をいただくのは嬉しいことですね。

これを励みに、もっともっとおもしろい建築を創って行きたいと思います。

ありがとうございました。

広告

ワークショップ第8日目

1月15日(日曜日)漆喰塗の2日目です。施主のTさんは法事で出かけ、平野木材のIさんはもう一つの行事で午前中はお休み。ヒュッテファニチャーのH夫妻が交代で参加してくれましたが、午前中の参加者は左官の小池さんを入れて3人だけ。「どうなるんだろうか?」

不安を抱きながらの午前中の作業が終わって、お昼のおにぎりを食べ終わった頃から急に人が増え始め、あっという間に14、5人に膨れ上がってしまいました。午前中の様子からネタの仕込みを控えていた小池さんも大慌てでネタを仕込み、参加者の振り分け作業に大忙し。嬉しいことです。法事から戻ってきた施主のTさんも大喜びで、名札に「施主」と書いて見せびらかしていました。

3時の休憩ではお茶と珈琲の用意で活気があふれていました。手伝ってくれたのは羽島の家のKさんご夫婦。久しぶりにお会いしましたが、「ラーメンを食べにきてちょっと現場をのぞいたら鏝を持って塗ってるんだもんね」と笑顔で手伝ってくれました。感謝感謝!

親子の参加者は大工さんチーム。娘さんの笑顔が印象的でした。

今日の作業ができた部屋は、玄関の仕上とキッチンの下塗り。そして、土間と板間の目地テープ張りまで。大工さんや塗装屋さんの各職人さんは要領を得ているので作業が早い。見ていても気持ちがいいですね。

はじめて漆喰を塗る人。前にも塗ったことがある人。それぞれが会話を楽しみながら、でも真剣な面持ちで壁に向かって一生懸命に塗っていただけました。そして、夕方になる頃、三々五々と帰られる参加者が増え、いつしか現場は静かになって行きました。最後まで手伝ってくれたKさん、Hさん。ご苦労様でした。

さて、このブログを書いているのは1月21日です。そう!今日から2日間のワークショップが始まります。さてさて、最後まで塗ることができるのか。もし時間のある方はぜひ参加してみてくださいね。お待ちしております。

ワークショップ第7日目

ワークショップ第2弾

漆喰塗実習作業 「壁と天井に漆喰を塗ってみよう!」

今日から漆喰塗のワークショップが始まりました。普段の生活で何気なく見ている壁や天井に自分で漆喰を塗ってみると、どんなことを感じ、どんな空間になって行くのか。実際の作業工程を体験しながら、完成した部屋の雰囲気を自らの身体を通じて体感してもらう企画です。左官の指導をしてくれるのは、前回のワークショップで現場研ぎ出しを教えてくれた郡上市の小池左官の小池忠さんとその職人集団の方々です。作業予定は、1月14日・15日および1月21日・22日の計4日間です。

いつも気さくに話してくれる小池さんに、さっそく鏝と鏝台を使って鏝さばきの練習に取りかかりました。鏝に漆喰を載せるだけなんですが、持ち慣れない鏝に粘り気のある漆喰は思うように載りません。参加者の皆さんは真剣な顔をして鏝さばきを練習しています。

では、さっそく塗ってみましょう!おぼつかない鏝さばきでスタートしましたが、まずは身体を使って慣れること。少ししか載らない漆喰を壁に塗っていると少しずつ塗れる面積も増えて、萎縮していた手の動きもだんだんなめらかになって行きます。最初は難しいと言っていた参加者の方も見よう見まねで塗り進んでいるとなんとか塗れるようになって行きます。そうすると不思議におしゃべりが無くなり、皆さん無言で作業に没頭し始めます。聞こえてくるのは鏝とボードの擦れる音と「ボタッ」という床にこぼれた漆喰の音くらいです。なかなか緊張感がありますね。

隣の部屋では職人さん方が天井塗を見せてくれました。漆喰を鏝に載せて天井に塗り付け鏝で均等に延ばして行きます。いとも簡単に塗っているようにみえる作業ですが、これはなかなかの技術です。上向きで塗りながら、時折息を吐く音が印象的でした。この天井は引きずり仕上で仕上げられました。

今日の作業は無事終わり、トトち舎の編集室と玄関脇の応接室の2部屋の壁と天井を塗り終わりました。現場研ぎ出しの作業と違って静かな作業でしたが、慣れない道具を使って慣れない姿勢で作業をしてみると意外なところに痛みを感じます。私の場合は鏝の持ち方やさばき方が違うため、やたらと右手の親指が痛くなります。小池さんに鏝の持ち方とさばき方を見せてもらいましたが、親指は添えているだけで力は使っていないそうです。鏝のさばき方がまったくちがうんですね。職人さんが教えてくれた話しでは、鏝さばきの練習で鏝を使って水面を撫で波が立たないようにするそうです。完成した壁を見てみると嵐が過ぎ去ったような表情です。

「でも、これも個性のあらわれですよね!?」

 

ワークショップ第6日目

1月7日(土)今日は朝からよい天気です。青空も見えて気持ちがいい。朝日が市街を照らし、山並みの影が写し出されています。

今日は予定外の作業となりましたが、左官の小池さんは、はじめから期間が足りないことを予測していたようです。参加者が少ないことや道具の扱いに不慣れなので、当然作業は進みません。でも、それを承知でワークショップにつきあってくれた小池さんや左官職人の方々には感謝の言葉しかありません。

さて、昨日は暗くて出来映えがわかりにくかったのですが、掃除をしてみると結構いけてるように思います。最後の作業は、サンドペーパーによる手作業での研ぎ出しです。ほこりは立たないので前日までの作業に比べるとやりやすいのですが、普段の運動不足と作業の要領の悪さから、無駄な力みと慣れない姿勢で結構身体にくる作業でした。ふと、横目で小池さんのやり方を見てみると無駄な動作や力みはありません。さすがですね。

地味な作業も無事終わり、一応の完成を見ました。「どこで終わるか」が難しいと小池さん。やりだせばきりがなく、作業方法もおのずと違ってきます。今回の狙いは祠のような淡く白い空間をイメージしていたので、大理石もピカピカの本磨きとはせず、表面の光沢を押えたマットな仕上にしました。ただ、近くで見れば傷も多く床の不陸も感じますが、はじめての現場研ぎ出しを体験するワークショップとしては、十分な成果を得られたと思います。小池さんをはじめ左官職人の方々、石に慣れ親しんでいるのに現場研ぎ出しは初めてだからとワークショップに参加してくれたEさん、参加者の少なさを見かねて助けてくれた梅津建築の大工さんチーム、育児で大変なのに子供を預けて参加してくれたヒュッテファニチャーのH夫妻、そしてワークショップの開催を自らも楽しんで見守ってくれたトトち舎オーナーのTさんに、こころから感謝致します。ご苦労様でした。

いよいよワークショップ第2弾。

漆喰塗実習作業(一般向き)「壁と天井に漆喰を塗ってみよう!」が引き続き開催されます。開催日は1月14日、15日および21日、22日の4日間です。ボードの上に漆喰で仕上げるまでの作業を体験できます。興味のある方はぜひ参加してくださいね。

(このブログを書いた時点では、14日、15日は終了しています。のちほど報告をUPしますのでお楽しみに!)

 

ワークショップ第5日目

すっかり報告が遅くなってしまいました。慣れない作業が続いたこともあって家に帰ってくるともうぐったり。筋肉痛と手荒れがひどいためにお風呂が一番の特効薬でした。なので、湯上がりになんとかパソコンの前に座ってはみたものの、すぐさまご就寝。結局、報告がたまってしまいました。なんとかせねば!

さて、1月6日は少し曇り空でしたが、晴れ間の見える天気で、天候に恵まれています。

今日は、前日の作業の続きです。作業前にあらためて見てみるとおもしろい床になりそうで、完成が楽しみです。

さてと〜。ただひたすら研ぎ出していたために経過の写真を撮り忘れてしまいました。いや、もっと正確に言うと精神的にも肉体的にも撮る余裕がありませんでした。したがって、作業の方も目地の研ぎ出しが残ってしまい、予定外ですが明日に持ち越しになってしまいました。左官の小池さんには申し訳ありませんでしたが、もう一日おつきあいをお願いして、明日の完成をめざすことにしました。がんばろ!

 

ワークショップ第4日目

今日の作業〜研ぎ出し

新しい年を迎えて、いよいよ本番の研ぎ出し作業です。朝から雪がちらつき山はうっすらと雪化粧をしています。薄暗い雲が覆う中、朝日に照らされた名古屋市内が見えます。美しい光景ですね。

さて、今日のワークショップは、ディスクサンダーを使った研ぎ出し作業です。高度成長期であれば大型の研ぎ出し機械で行なわれていた工法ですが、左官の小池さんが、知り合いの職人さんにいろいろと聞いてくれたのですが、もう現場研ぎ出しなんて仕事がないので、皆さん機械を処分されてしまったそうです。なので今回は手仕事風に研ぎ出してみることになりました。

年末に埋めた目地は思ったよりも固く、慣れないディスクサンダーを使っての作業に妙に力が入りすぎ、砥石を一枚破壊してしまいました。「言おうと思っていたところだったんだよね。あんまり力を入れないようにと。」危うく飛び散った砥石のかけらが、小池さんに当たるところでした。すいません。あらためてそっと削り始めますが、なかなか要領がつかめなくて傷まるけの目地になってしまいました。でも午前中も終わる頃には、なんとなく感触がつかめ、空中を滑らしながらやわらかく研いで行くことが少しできるようになってきました。ただ、その間に削られた目地や大理石の粉がいよいよひどくなり、もう作業場は濃い霧の中のような状態で、防護マスクはしていても顔中白く、みんな歌舞伎役者の様相でした。

すべてを研ぎ出すことは出来ませんでしたが、なんとか要領もつかめ明日の作業を残して終了しました。でも研ぎ出されて行く目地や大理石はきれいに模様が浮き出ています。完成が楽しみです。

 

雨が少し降っていましたが

なんと今日も起きれました。ただし、日の出少し後に。どうやら少し雨が降ったようで、洗濯物が濡れていました。なので傘を持って出発。昨日と比べると人は少なかったようです。まずは朝日を・・・

残念。昨日と同じで雲に隠れていました。ただし、大垣方面はスポットライトを浴びるように朝日が当たっていました。

今日のルートを確認します。橿森神社から展望台へあがり、権現山を登って時鐘楼へ行き、山肌を横ばいに伊奈波神社の駐車場までのコースです。初めてのコースでしたが、知らない道を歩くのは緊張感があっていいですね。少しばかりイノシシを意識して、わざと音を立てたりなんかしながら。

途中でいろいろと発見をしました。まずは大地の指紋。すごい造形です。そして力強い。

雨が降ってきたので傘をさしながら歩いていると雨宿りをしていました。

苔ってこんな風に伸びて行くんですね。

まだ寝ているようでした。

伊奈波神社についた頃には雨も上がって、参拝の人達がちらほら訪れ、屋台の準備も始まっていました。今日のコースはアップダウンもあり結構脚に来ました。伊奈波神社から自宅までの距離がずいぶん遠くに感じました。明日も登れるだろうか・・・