積木建築への挑戦

積木建築への挑戦

岐阜県と愛知県の県境に、明治時代に造られた総レンガ造のトンネルがあります。

NPOの方達が保存再生活動をされている「愛岐トンネル」

いまは列車は走っていませんが、当時の技術の粋を集めた建造物であり、

その空間には、不思議な静寂と闇が漂い、ゆっくりとした時間が流れています。

そんなトンネルで、今年の夏にアートイベントがあります。

「荒野ノヒカリ」

現代と過去

都市と郊外

人工物と自然

機械化と手作業

時間の流れに翻弄されながらも蘇った空間で、

今を生きる私たちが感じるものは。

アートイベントをささえるマルシェ(屋台)を、

木のレンガを積み上げながら、ゆっくり味わってみようと思います。

http://kouyanohikari.jimdo.com

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中