都市景観賞を受賞!

お知らせするのが遅れてしまいました。昨年末、ゆりかご助産院が、第4回 各務原市都市景観賞を受賞しました。街の景観づくりに力をそそいでいる各務原市に、ゆりかご助産院が創り出した風景を認めてもらえたことは、とても嬉しい限りです。完成したての頃は、まだ庭木が育っていないため、少し気恥ずかしそうでしたが、今は徐々に育ってきて、落ち着いた雰囲気を見せてくれています。表彰式には、院長ご夫妻と設計を協力してくれたTさんと共に参加しましたが、この受賞は、院長ご夫妻のご理解と工事関係者の皆さんのご努力の賜物だと思っております。
あらためて、皆さんに心より感謝申し上げます!
ありがとうございました!!

広告

ゆりかご助産院 五月晴れ

今日はよい天気でしたね。気温もぐんぐん上がって夏を迎えたような陽射しでした。でもさすがに五月は湿気がなくてさわやかな風が心地よかったです。
先日、ゆりかご助産院の写真撮影がありましたが、雲が多くて外観が撮れなかったので、今日あらためて撮影がありました。朝10時から準備が始まりましたが、カーテンを開けたり余分なものを片付けたりで結構大変でした。そんな撮影風景が下の写真です。

でも暑い中、黒い布をかぶって画面をのぞいている写真家はもっと大変だったでしょうね。

今日も入院室の前の月見草を見てきました。撮影の時に片付けたので思わず撮ってきました。きれいなピンク色の花がさわやかです。

撮影が順調に進み、予定より早く終わったので待ち合わせの時間まで瞑想の森にある各務原市営斎場ヘ行ってきました。訪ねた時にはちょうど見学できたので、久しぶりに中でゆっくり時間を過ごすことができました。でも、斎場でゆっくり過ごせるというのは不思議なものですね。本来なら避けて通るような建築なのに、のんびりと蓮の花を見ていられるとは。やはり、建築の魅力がそうさせるんだなとあらためて気づかせてくれました。まだ見ていない方は、ぜひゆっくりして来てください。

ゆりかご助産院 満月?

いま夜空にはまんまるの月が出ています。とても穏やかな月夜です。星も静かに煌めいています。今夜は新しい命が生まれてくるんでしょうか?
11月26日、新しいゆりかご助産院が歩み始めました。とても静かなスタートを切ったかと思いきや、12月に入ると待ち構えていたかのように、次々と新しい命が生まれています。よかったよかった!

もう一つの現場も、もう少しで完成します。やっと足場がはずれて、半年ぶりのご対面と言ったところです。とくに南側はその全貌をずっと隠していました。「結構いい顔してますね。」と一人で喜んでいました。あともう少しのがんばりです。垂井にも新しい命が生まれようとしています。

ゆりかご助産院 もえてます!

今日も本当に暑い日でした。何もしなくても暑いのに、現場で働く職人さん方は大変です。吹き出る汗を頭に巻いたタオルで押さえ、びしょびしょになったTシャツをトラックに干しながら、一つ一つを慌てずあせらず、コツコツと。暑さに負けず、がんばって働く彼らに、宮沢賢治の言葉を思い出します。
そんな彼らの努力の成果を紹介します。ゆりかご助産院の屋根工事です。今日の陽射しは強烈で、屋根はフライパン状態でした。思わず触ってしまい、自分の愚かさを反省しました。屋根の形状は、片流れで、立て平葺きになっています。周辺部は、軒先を細く見せたいために先端に向かって折れています。したがって、その部分だけは平葺きになっています。また、立上がりの先端部分も斜めに折って平葺き部分になじませています。
今日の暑さよりも、あなた方の熱意に打たれました!
板金屋さん!本当にご苦労様でした。

追伸;ホームページも少しだけ様変わり。

熱気をテーマにしました!

がんばるぞ〜〜!!

ゆりかご助産院 その後

建前が終わってからずいぶん日にちが経ってしまいました。決して工事が遅くなったわけではなく、むしろすごい勢いで工事が進んでいます。ある程度のボリュームがあるので一般住宅に比べると大工さんの人数も多いのですが、段取りの良い大工さんだけあって確実に出来上がってゆきます。大工さん親子とは岐南町の家や加納の家などを一緒にさせてもらいました。頑固で短気でお人好しな親父さんが、今は息子の采配をぐっと我慢して見守っています。本当にうらやましい家族の姿です。

屋根の下地です。合板だけでは心配なので桧の板をもう一枚貼っています。

ボーリングが出来そうな廊下の長さです。

廊下の待合空間です。きっとトップライトの光がきれいだと思います。

待合室の工事の進み具合です。廊下越しに北側のハイサイドサッシがつきました。

北側から見たハイサイドサッシです。斜めになっています。

南側は建前と比べてもそんなに違いはありません。

でも屋根がちゃんと葺き終わっています。

少し変わった葺き方ですがわかりますか?

ゆりかご助産院 建前!

連休前半の4月28日に各務原市でもう一つの建前がありました。今回は助産院です。現在、各務原市内で開業されている「ゆりかご助産院」の新しい施設です。
4年ほど前に「各務原の家」を見ていただいてからのおつきあいです。当初は自宅を改装して助産院を始めようと考えられていましたが、やはり思うような施設にならないこともあり、まずは借家を借りて開業されました。その後、いろいろな土地を探されて、やっとこの土地を見つけられたのが去年の夏でした。それは偶然にも自宅のそばの土地でした。これって神様のお導きでしょうか・・・
でもそれからが大変でした。土地の条件で時間的な制約があり、急いで設計を進めなければなりません。しかも規模が大きくて、なかなか思うようには進みませんでした。今回の設計では、元気で明るいTさんに手伝ってもらい、なんとか滑り込みで、着工へとこぎ着けました。Tさん本当にご苦労様でした。
今年2月末から基礎工事が始まり、工務店の方々や職人さん達のおかげで、工事は順調に進んで来ました。そして、いよいよ建前!天気も祝福してくれて、本当に良い建前を迎えることが出来ました。
では、その工事風景をずっと並べてみます。建築工事の楽しさが少しでも伝われば幸いです。

やっと屋根の野地板を貼り終わったのは5月2日でした。
大工さん本当にご苦労様でした。
おかげで私もすっかり小麦色。
建前は本当に楽しい!