垂井の家 あと一歩!

このところ寒さが厳しくなっています。先日降った雪も日陰ではまだ残っています。そのためどうかわかりませんが、現場監督のMさんがノックダウン!インフルエンザにかかったそうです。現場はどうなるんでしょうか?
いやいや、それよりも体が大事。十分養生して早く直ってください。お大事に!
そんなことで、最後の追い込みにもかかわらず、現場は少し穏やかです。大方の部分は出来ていますが、関連しているところがまだのようです。でも、あと一歩です!

Ldk0116

0116

広告

垂井の家 オープンハウスのお知らせ

年明け早々ですが、オープンハウスのお知らせです。
このブログでも紹介していた「垂井の家」が、間もなく完成します。
クライアントのUさんから、オープンハウスの許可をいただきましたので、ぜひ皆さんに見て頂ければと思います。ご都合の良い方はお誘い合わせのうえお越し下さい。

オープンハウスの日程は下記の通りです。

2009年1月18日(日)
 午前10時〜午後4時

見学希望の方はお名前、連絡先、参加人数を私の事務所宛にメールで送ってください。
現地の地図を送らせていただきます。
メールアドレスはブログのプロフィールにあります。

なお現地には駐車場がありませんので、できるだけ乗り合わせて来て頂くか、電車にてお越し下さい。

お待ちしております。

1

2

3

伊吹山がますます白くなって行きます。

陽射しも今が一番淡い光です。

垂井の家 完成間近!

いよいよ今日で師走となりました。なんだか1年があっという間に過ぎて行きます。世界時計は早まっているんじゃないでしょうか?
それはともかく、垂井の現場報告を!
真夏の太陽のもとで棟上げが行われてから4ヶ月あまりが過ぎました。若き監督の背中の汗が懐かしく思い出されます。現場はいよいよ大詰めに入っています。ではその後の経緯を紹介します。
まずは銘木市場で調達したジャンボテーブルについて。
材料は杉の一枚板です。長さは5メートル弱。壮観です。

1

現場への搬入、取付。なかなか緊張感がありました。

2

見事に納まりました。こうして見るとなんでもなかったようにすっきりと納まっています。存在感は見事です。

3

外部の下地も徐々に出来上がって行きます。板張のきれいなこと!

1_2

モルタルの下地です。おおよその外観が見えてきました。

2_2

これは南側の大開口です。

1_3

2階の渡り廊下は楽しそうです。

2_3

2階のスタディーコーナーです。

3_2

階段がついて居間の雰囲気が見えてきました。

吹抜けの開放感が気持ち良さそうです。

4

そして今、最後の仕上が進んでいます。多少予定から遅れてしまい、完成は年末になりそうです。

最後に垂井の風景の移り変わりをお見せします。ずいぶんと通いましたが、本当に自然豊かなところです。

1_4

2_4

3_3

本当に気持ちの良い風景に感謝!

垂井の家 建前〜夏バージョン

今日は垂井の家の建前がありました。梅雨明けで雨が降らなかったことは感謝しますが、午前中から気温がうなぎ上りで、本当に暑い一日となりました。普段は10時と昼と3時の休憩ですが、今日は、その間にもう1回づつ休憩をはさんでの建前、職人さん達は大変でした。昼ご飯をいただいている時に棟梁が「こんな暑い時に建前をやるのは久しぶりだ〜」「でも昔は盆前の建前をよくやった!」と言葉少ない昼時の話題でした。
暑さのためもあって、なかなか予定通りには進まず、最後は予定時間オーバーでなんとか無事に建前を終えることが出来ました。皆さん本当にご苦労様でした。

そして、家族のみなさんも本当にご苦労様でした。

1

2

3

4

5

7

8

9

10

若き監督の背中にも汗がにじんでいました。

監督!昼寝もしないでご苦労様でした。

垂井の家 経過報告

今日は昨日の雨がウソのような真夏日でした。朝からコンクリート打ちがあるのでいざ垂井へ。
以前このブログで垂井の風景を紹介していましたが、今年の春からいよいよ着工しました。振り返れば、おととしの秋に初めて現地を訪ねてから、かれこれ1年半が過ぎていました。早いもんですね。
とりあえず、工事の様子を紹介します。

Photo

敷地の測量図がなかったのでご主人と息子さんの3人で平板測量をしました。

久しぶりだったのでちょっと心配しましたが、ご主人の尽力でなんとかできました。

Photo_2

住宅の位置が決まったので地質調査をしました。きわめて良好な地盤でした。

Photo_3

2階のファミリースペースに一枚板の机をつくることになっていました。その板を銘木市場まで見に行って目星をつけ、いざご主人が入札の立ち会いへ!残念ながらこの写真の板は買えませんでしたが、他の板を見事ゲット!楽しみです。ちなみに板の材種は杉です。

Photo_4

いよいよ丁張り。敷地の形状が複雑なため建物の位置決めが肝心でした。

Photo_5

土工事です。決められた深さまで掘り下げて基礎の底板をつくります。

Photo_6

鉄筋工事です。きれいに並んだ鉄筋は美しい。

Photo_7

型枠工事です。黄色い板が型枠の合板です。表面が塗装されているのできれいなコンクリートが打ち上がります。

Photo_8

ベースのコンクリート打設工事です。田植えではありません。

Photo_9

そして今日、立上がりのコンクリートを打ちました。梅雨時なので雨を心配していましたが、かなり順調に進んでいます。いよいよ建前が近づいてきました。

それにしても夏の垂井は本当に美しい。

Photo_10