4年後をめざして!

何年ぶりに早起きしたんだろう・・・

思い出せないくらいの覚悟で起きて、ワールドカップの観戦にのぞみました。しかし、期待も空しく、あえなく惨敗。結果、グループリーグ最下位で敗退が決まりました。どこかで淡い期待を抱いてしまいましたが、世界の壁はやはり高かった。

 

4年前の日本と比べると技術的にも戦術的にも期待出来るチームになったかと思いましたが、世界の強豪は、それをはるかに凌ぐ勢いで進んでいました。その象徴とも言える出来事は、世界の頂点に立ったスペインが、あのオランダによって見事に粉砕されたこと。スペインをモデルにしてきた日本の戦略では、到底勝ち進むことは出来なかったのでしょう。残念ですが仕方がないです。

でも、負けた日本は泣いている場合ではなくて、今日から4年後をめざして進むしかありません。ヨーロッパや南米のサッカーではなく、アジアであり日本のサッカーをめざして!

 

さぁ、今日から新しい日本チームに期待して、また応援し続けるぞ〜!

 

・・・勧善懲悪大好き日本人にとって、やはりストライカーと呼べる選手がいるといいよねぇ〜

 

 

 

DSC09950

 

 

雨が少し降っていましたが

なんと今日も起きれました。ただし、日の出少し後に。どうやら少し雨が降ったようで、洗濯物が濡れていました。なので傘を持って出発。昨日と比べると人は少なかったようです。まずは朝日を・・・

残念。昨日と同じで雲に隠れていました。ただし、大垣方面はスポットライトを浴びるように朝日が当たっていました。

今日のルートを確認します。橿森神社から展望台へあがり、権現山を登って時鐘楼へ行き、山肌を横ばいに伊奈波神社の駐車場までのコースです。初めてのコースでしたが、知らない道を歩くのは緊張感があっていいですね。少しばかりイノシシを意識して、わざと音を立てたりなんかしながら。

途中でいろいろと発見をしました。まずは大地の指紋。すごい造形です。そして力強い。

雨が降ってきたので傘をさしながら歩いていると雨宿りをしていました。

苔ってこんな風に伸びて行くんですね。

まだ寝ているようでした。

伊奈波神社についた頃には雨も上がって、参拝の人達がちらほら訪れ、屋台の準備も始まっていました。今日のコースはアップダウンもあり結構脚に来ました。伊奈波神社から自宅までの距離がずいぶん遠くに感じました。明日も登れるだろうか・・・

 

初日の出?

あけましておめでとうございます。

2012年がスタートしましたね。今年は明るい年にしたいものです。

さっそく初日の出で明るくしよう!と夢で思って起きた時には、もう明るくなっていました。まぁ半分は、夢がかなえられたことになるんですけどねぇ・・・

橿森神社で今年の想いをお願いして、その足で登山道へ。静かな山道です。時折すれ違う方と挨拶をしながら久しぶりの山歩き。冷たい空気が胸にしみます。ちょっとだけ息を切らして展望台へ。初日は雲間に隠れていましたが、きれいな朝焼けです。

伊吹さんは雲に隠れていますが、うっすらと雪化粧。

せっかくなので普段と違ったコースへと。途中で見た自然の営みはおもしろくて美しい。

梅林公園に下りてきましたが、静かでいいところですね。途中で有名なお豆腐屋さんを見つけてしまいました。三文得しちゃいましたね。

その並びに瑞龍寺さんへよって見ると、静かな境内に読経が響き、お寺さんの良さが伝わってきました。ふと見ると駐車場に古い鬼瓦が並んでいました。いい表情をしています。配置もきれいですが、ちょうど鬼門の位置に置いてあるようです。さすが〜!

知らない道を歩いていると、柿がたわわに実っていました。橙色に染まった柿が梅か桃の花のように見えました。少し大き過ぎますが・・・

山を歩いているといろいろなことを考えます。たぶん身体を使っているからでしょうね。そんな中、とてもいいことに気付きました。それは・・・・・?ワスレマシタまた明日歩かないと思い出せないようです。「プチメタボです」と、わざわざ保健士さんが訪ねてくれたので、しばらくは有酸素運度をしましょうかぁ。

今年は山ガールならぬ山アルキテクトでスタートしたいと思います。

金華山にのぼる

 今日はよい天気に恵まれたので、久しぶりに金華山に登りました。本当ならば、年頭にも誓ったように、もっと早く登るべきだったのでしょうが、今年は寒くてなかなか登れませんでした。朝起きて裏手を見上げれば、桜色に染まっていた山の色は、もうすっかり緑色。「今日は登ろう!」そう決めて、すぐさま粕森神社から金華山をめざして登り始めました。
 まずは順調に展望台へ。黄砂の影響か少しばかり霞んでいましたが、でもきれいな山並みが見えました。
Dsc07164

木漏れ日と緑のトンネル

Dsc07167

陽射しを受けた葉っぱはきれいだ

Dsc07169

Dsc07170

自然の生命力

Dsc07168

途中で目の不自由な方とガイドをしている方とすれ違う。
一歩一歩声をかけて。
Dsc07171

鶯谷トンネルの上の展望台
Dsc07173

途中、無惨に伐採された木や、倒木が目立つ。
山が荒れているように感じる。
Dsc07174

Dsc07175

Dsc07177

七曲峠にでる。なぜかいつもこの先へ行ってみたくなる。
確かに、岩戸へ下りると鰻屋さんがあるのだが・・・
いつか行こう!
Dsc07182

頂上展望レストラン屋上に到着。
かなりの汗が吹き出る。
さてと昼ご飯!
Dsc07185

今日は連休とあって、家族づれで大賑わい。
ここは足早に退散。
いざ瞑想の小径から下山。
Dsc07189

このルートは気持ちがいい。
山の奥深さが感じられる。
Dsc07190

途中で初老のご夫婦とすれ違う。
「ここらへんでご飯食べたでしょう!」と奥さん。
「うぅ・・ん・・・」とご主人。
会話もはずみ記憶も回復!
Dsc07192

倒木の多さが気になっていたが、その倒木を使っての山道整備?
確かに有効利用だけど・・・
Dsc07194

だいぶ高度も下がってきて、気持ちのよい山道が続きます。
Dsc07195

Dsc07199

無事に下山。
岐阜公園にはたくさんの人が新緑を楽しんでいました。
Dsc07203

公園の一画に、名和昆虫館があります。その古い洋風の木造建築がなかなかいい雰囲気で建っています。現代のつるぴか真四角真っ白建築と比べると、時間を生きてきた建築の良さに、あらためて気付かされます。木々に囲まれて気持ち良さそうに建っている風景が印象的でした。
Dsc07213

Dsc07228

今日登ったコースを復習。
粕森神社からのぼり、鴬谷の展望台を通り、七曲峠から金華山頂上に到着。
昼食後は、瞑想の小径から下り、岐阜公園に下山。
地図で確認!
Photo

あとは伊奈波神社によってから足を引きずりながら帰宅。
約5時間あまりの、のんびり山歩きでした。
久しぶりの山歩きで、ひざが・・・

おまけ
1

3

4

<国島征二展>なうふ現代

暦の上では春を迎えましたが、いまだに寒い日が続いています。なので底冷えのする町家暮らしの身としては、相変わらずの冬着とストーブのご厄介になっています。でも、少しづつですが中庭にさす陽射しが長くなってきました。待ちに待った春の兆しが感じられます。
そんな中、散歩ついでに、なうふ現代で開催されている「国島征二展」に行ってきました。今回は、なうふ現代と同時に、岡崎や名古屋のギャラリーと名古屋にある自然豊かなカフェ「あうら」の計4ヶ所で開催されています。国島さんの作品を見るたびに、いつも感じることは、なんて色気のある作品なんだろうと感心します。年齢のことを言っちゃだめだけど、70を越えてもまだ艶のある作品を創り続けるダンディな国島さんに惚れています。4/3まで開催されていますので、ぜひ足を運んでください。

ちなみに、国島さんは東北地方太平洋沖地震で被災された方々を応援するために、義援金を集める活動をされています。みずからの小作品100点を4ヶ所の開催場所に置き、購入していただいたお金をすべて寄付されるそうです。こちらもぜひご協力していただければと思います。

 

それから、なうふ現代の中庭の床が新しくなりました。ケヤキと桜の無垢板を惜しげもなく並べてあります。木が持っている生命力と表情が実にすばらしい!各務原市の平野木材さんに競り落としてもらった生木を「まねっこ岐阜縄文建築団」の仲間達とNPO法人グリーンウッドワーク協会の協力のもとに、わいわい言いながら創ったデッキです。こちらもぜひ見てください。

 

芽吹き

町家に引っ越してから寒さとの戦いに明け暮れ、カレンダーをめくったら、春の訪れがもうそこまで来ていました。
3月1日(日曜日)快晴!よし!今年初めての健康ランチ決行!
自宅裏の橿森神社から金華山をめざしました。岐阜に住んでから、かれこれ四半世紀。金華山には何度も登っていますが、このコースは初めてでした。忠節橋から金華山を見ると右に連なる緩やかな尾根が見えます。途中には展望台や電波塔などがあり、気になっていたコースでした。
登り始めは多少不安もありましたが、意外となだらかな登りで、時折、枯れ枝の間から街の風景が望めました。初めて展望台に登ってみると町並みが近くに見えて新鮮な光景でした。

1

途中、ドライブコースを横切りながら山道を登って行くと、もう一つの展望台に着きました。ちょうど鴬谷トンネルの上になります。冷たい西風に思わず震えていました。

2

ここからはできるだけドライブコースを避けて山道を進みました。途中、忠節橋から見えていた電波塔を見ながらひたすら七曲登山道へ。ドライブコースと交わった時に山道がわかりづらいところもありましたが、無事に見慣れた七曲登山道の鞍部(あんぶ)に出ました。登り始めてからおよそ1時間くらいだったでしょうか。ここで、昼食。

金華山に登る時に、七曲登山道はいつも下りに利用していました。というのは、この鞍部から歴史資料館までの間はとても良い登山道ですが、この鞍部から上はコンクリートで固められた歩きにくい登山道になっているからです。たしかに、表土の保護が主な目的かもしれませんが、固くて歩幅があわないので、とても楽しんで登るような登山道ではありません。そのため、今回は脇にある以前からの土の登山道を登りながらコンクリートの登山道を横切って登りました。なんだか、ドライブコースを避けて登山道を登っているのと同じように思います。

いよいよ頂上付近に近くなってきました。本当ならば気持ちがはずむところですが、観光客の人ごみにちょっとげんなりです。いつも瞑想の小径から登ってくるのですが頂上に出るまでは山の雰囲気が残っているので、つらい登りですが充実感は十分に味わえます。そんなわけで足早に頂上を通過して瞑想の小径を下り始めました。いつも登ってくる瞑想の小径も、下りになると見慣れた景色が新鮮に見えます。

3

山に登ると途中ですれ違う人に「こんにちは!」と声をかけます。ふだん町では、すれ違う人に声をかけませんが、山に入ると、不思議と自然に声をかけることが出来ます。とくに、子供に声をかけると大きな声で元気な返事が返ってきます。いいですね!
のんびりとまわりの景色や植物を見ながら岐阜公園に着いたのは3時半くらいでした。久しぶりに歩いたためか、足が痛くて帰り道のアスファルトがやけにこたえました。でも、山道や帰り道で見つけた春の息吹が心を和ませてくれました。

1_2

2_2

3_2

4

5

6

さぁ〜てと!

いよいよ次なる課題に向かってがんばろ〜っと!!

Photo

青春のひととき

先週の日曜日、久しぶりに琵琶湖へ行きました。

長浜の湖畔にある北ビワコホテルで、山本清香さんの個展のオープニングパーティーがあったので参加させてもらいました。清香さんの個展を見るのは久しぶりだったのでとても印象的でした。とくにカエルやウサギが生き生きと描かれた絵には、清香さんと若い頃に遊んだ思い出を見ることが出来ました。

そして何よりも元気になって活動を開始した清香さんがとてもきれいに見えました。

1

2

夕暮れもせまり、湖に出てみるとちょうど雲間から夕陽が沈む頃でした。会場にいた友人達も集まってきて、それぞれの思いを胸に夕陽を眺めていました。

ずっと以前、まだ独身だった頃、友人達4人で琵琶湖に来たことを懐かしく思い出しました。誰とはなしに、「琵琶湖へ行こうか!」ということになり、そのまま車に乗って走り出しました。その時も水辺にたたずみながら、何を言うでもなく、ただ夕陽が沈むのを静かにながめながらもの思いにふけっていました。

なつかしい青春のひとときがふと思い出された一日でした。

4

5

6

清香さんの個展は8月31日まで開催しています。

琵琶湖の夕陽を見がてらお出かけください。