ミニコンサート

先週の土曜日、徹明町にある旧十六銀行の建物で鴬谷高等学校音楽科の生徒たちによるミニコンサートがありました。
彼らに会うのは昨年の暮れ、サラマンカホールで発表会を聞かせてもらった時いらいです。あの時はみんなきれいにドレスアップしていたので、とても高校生とは思えませんでした。今回、制服姿で壇上に上がる彼らを見て、しばらくは違う生徒たちと思っていました。しかし、よくよく見るとどこか見覚えのある顔がちらほろと。変われば変わるもんだと一人驚いていました。
今回のコンサートはお年寄りにもわかるようにとリズムの取り方や輪唱などを交えた親しみやすいコンサートでした。
そして最後に全員で「スマイルアゲイン」という歌を歌ってくれました。
 スマイルアゲイン スマイルアゲイン うつむかないで
 スマイルアゲイン スマイルアゲイン 笑ってみせて・・
彼らが歌ってくれた歌詞が心に響き、思わず口ずさみながら家路につきました。
 スマイルアゲイン スマイルアゲイン うつむかないで
 スマイルアゲイン スマイルアゲイン 笑ってみせて・・

1_5

2_5

広告

アヴェ・マリア

Dsc00346_2
友人が教えている鴬谷高等学校音楽科の演奏会が、今日サラマンカホールでありました。
高校生の演奏会を聴くのは初めてだったことと、サラマンカホールに入るのも初めてだったので、雨は降っていましたが楽しみに出かけました。
ホールの印象は、心地よい大きさと落ち着いた雰囲気が良かったと思います。ただ、天井にぶら下がっている照明設備が、きれいなシャンデリアの邪魔をしていることが残念でした。
プログラムは楽器の演奏と歌が織りまぜられ終盤は二重唱、アンサンブルと続き、最後に生徒全員による合唱で締めくくられました。
初めて聴いた高校生の演奏や歌声は、私が思っていた以上のものでした。特に3年生のピアノ演奏と電子オルガンの演奏は心に残っています。
そして、最後の合唱で歌われた「アヴェ・マリア」が、とても美しい歌声で響いていました。
いい音楽に出会えたことに感謝します。
Dsc00349_2